西条市・新居浜市でちょうどいい新築一戸建を建てるなら

HOME > 社長ブログ > 間取り > 間取りについて

間取りについて

2020-06-13

注文住宅や規格住宅の間取りで重視したいのは、どんなことでしょうか?

「収納がたっぷりほしい」「家事動線がスムーズだと嬉しい」「自分が好きに使えるスペースがほしい」など、みなさん家族によってさまざまな希望がありますよね。

 

間取りを決めるのは家づくりのワクワクな楽しみの一つですが、「どうすれば失敗せずに良い間取りがつくれるのか?」、「実はよくわからない?」という方も多いのではないですか?

 

こんにちは。Just+(ジャストプラス)設計担当松本です。そこで今回は、注文住宅の間取りの決め方について「これだけは抑えておきたい!」というポイントを5つご紹介していきたいと思います。それをもとに、具体的な間取りもお見せしていきますね。

 

注文住宅での失敗談を知りたい方は、「失敗例から学ぶ!注文住宅で後悔したこと&対策方法」の記事もどうぞ。

 

注文住宅の間取りの決める5つのポイント

間取りを決めるために、最低限抑えておきたい5つのポイントをご紹介します。

 

1.暮らしやすい生活動線とゾーニング

注文住宅の間取りを決めるとき、まず考えたいのが生活動線とゾーニングです。

 

・生活動線

生活動線、つまり「家族や来客が家の中をどのように動くのか?」を具体的に考えて、間取りに反映します。

例えば、11つの家事が短い動線で済むように。キッチンやお風呂場などを同じ階にまとめると家事の同時進行もスムーズです。家族同士の移動経路が重ならないようにすると、朝夕のバタバタする時間の混雑が緩和されます。

 

もし動線がイメージしにくければ、一日の家族の行動をリストアップして気に入った間取り図に書き込んでみたり、モデルハウスを見学したりしてみましょう。

 

【関連記事】子育てママが悩む洗濯動線って何が大事?

 

・ゾーニング

先ほど言ったゾーニングとは、空間を用途ごとに分けて考えること。注文住宅におけるゾーニングは、主に2つに分けられます。

 

1つ目は、土地全体。土地のどこに家を建てて、どこに庭や駐車場を作るのかを考えます。

2つ目は、建物の中。生活動線や家族構成を考えて、家のどの場所にどの部屋を作るのかを決めます。

 

2.気持ちの良い採光や通風

せっかく建てた家の、日当たりや風通しが悪いと居心地も悪くなります。

特に、長時間過ごすリビングの日当たり・風通しは最優先。近隣の建物との距離が近ければ、吹き抜けや天窓があると明るい空間がつくれるかもしれません。

 

風通しを良くするには、1部屋に2ヵ所の窓を設けるのがおすすめ。2ヵ所の窓が対角線上にあると、より風通しがよくなります。

 

3.今~将来の家族構成

今と将来では、家族構成が変わってくる可能性が高くなります。例えば、今子供2人、大人2人の家族構成だと、将来的には子供が巣立って夫婦2人になる可能性が高いです。

 

家族構成が変わったとき、柔軟に対応できる間取りにしておくと、使い勝手が良い家になります。大掛かりなリフォームが必要ないので、余分なお金もかかりません。

 

4.家具や家電の配置

部屋のどこに、どんな家具や家電を置くのかイメージしてみましょう。家具や家電を置く位置がおかしい、元々使っていた家具が搬入できないなどのトラブルを防ぎます。部屋の形と合わせて、コンセントの場所や位置も大切な要素です。

 

5.片付けやすい収納スペース

モノがないスッキリとした家を目指すのであれば、収納スペースにも工夫が必要です。

例えば、モノがあふれやすいリビングに扉付きの収納棚があると、片付けがしやすくなります。その部屋のものを、わざわざ別の部屋の収納スペースに片付けるのは面倒なので、部屋ごとに収納スペースがあると便利です。

 

【関連記事】注文住宅で本当に使いやすいクローゼットのつくりかた

 

おすすめしたい注文住宅の間取り

上記のポイントを抑えつつ、一から間取りを考えていくのは時間も手間もかかるもの。規格住宅ではたくさんのお客様の要望をもとに、洗練された配置や動線がつくられています。

今回は3つの間取りをご紹介するので、どのような間取りがご家族のライフスタイルに合うのか考えるヒントにしてみてください。

 

・家族が暮らしやすい動線とレイアウト

JUST+の規格住宅/SQUARE -スクエア-

 

1階はキッチンと水回りがまとまっているので、家事動線が短く済みます。リビング階段で、家族が自然と顔を合わせやすいのもポイント。

2階はたっぷりの収納量が魅力のウォークインクローゼットと、その隣にランドリースペースがあります。干した洗濯物をそのまま、クローゼットに持っていける便利な間取りです。

 

・狭小地でも光を取り入れる吹き抜け

JUST+の規格住宅/Snufkin -スナフキン-

 

吹き抜けを設けているので、狭小地や住宅密集地でも1階に光が入りやすいつくりです。

廊下を少なくすることで、その分部屋の広さを確保。玄関を入ったあと、一度リビングを通って階段にアクセスするレイアウトは、家族のコミュニケーションを増やすのにも役立ちます。

 

 

・ワンフロアで快適な平屋の間取り

JUST+の規格住宅/FLAT -フラット-

 

平屋のメリットは、ワンフロアで生活できる動線の良さ、老後のバリアフリー問題が解決できるところ。掃除や家事が楽なのもポイントです。

ただし2階がないので、限られた面積に各居室を配置する、間取りの工夫が必要です。こちらの間取りは、水回りを中心に、南側にLDK、北側に寝室を配置。アクセス・採光ともに優れた間取りになっています。

 

まとめ

はじめて注文住宅を建てるときには、考えなくてはならないことがたくさんあって戸惑うこともあるかと思います。しかし、さまざまな間取り図を見ながら、「リビングはこんな形がいいな」「この水回りは使いやすそうだな」と考えてみるのも楽しいですよ。

 

JUST+(ジャストプラス)の家は、「手の届きやすい価格・高い住宅性能・おしゃれなデザイン」を叶えた、豊富な間取りを提供しています。《北欧風に貯つとプラスした家づくり》は、きっとお好きなデザインが見つかるかと思います。ご興味ありましたら、ぜひ一度お問い合わせください。

 

> JUST+の規格住宅デザインと間取りを見てみる

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょうどいい家 ちょうどいい暮らし に

ちょつとプラスした家づくり

愛媛県西条市・新居浜市・今治市・四国中央市で

新築・注文住宅・規格住宅を手掛けてる工務店

Just+(ジャストプラス)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Instagram

 Just+(ジャストプラス)>>>@just__plus

 松本誠二 >>@seiji_matsumoto39

JUST+

Tel.0897-47-2233
営業時間 AM 9:00 ~ PM 6:00

イベント情報

モデルハウス

Copyright JUST+. All Rights Reserved.