西条市・新居浜市でちょうどいい新築一戸建を建てるなら

HOME > 社長ブログ > そろそろ家づくりを考えてる方へ

そろそろ家づくりを考えてる方へ

2019-12-01

そろそろ家づくりを考えてる方へ今家を建てて受けられるお得な制度

 

 

今日から12月…今年も残り1ヶ月となりましたね。

今年2019年10月には消費税が増税されましたが

「家づくりのタイミングがわからない?」

「これから家を買ったら損なんかな?」

と思っている方も多いのではないでしょうか?

たしかに消費税の2%はインパクト大ですが、

政府も景気の停滞を懸念していろんな支援策を

打ち出してるのみなさんを知ってますか?

 

もちろん住宅を建てた後でも、

さまざまなお得な制度が受けられるようになっています。

 

住宅ローン控除の延長

 

みなさん家を建てる時に住宅ローンを借りますが

住宅ローンを借りて家を建てると毎年の住宅ローン残高の

1%を所得税から控除できる仕組みがあるんです。

増税前は10年間にわたって控除できていたのが

増税にともなったとはなんと控除期間が13年に延長されました。

 

例えば2,000万円のローン残高があれば、

その年は20万円もの税額控除が受けられるということです。

13年で考えると、とても大きな額ですよね。

住宅ローン減税を受けるためには、

床面積や年収などに条件もありますが、

戸建て・新築・中古を問わず、

ほぼすべての住宅が対象となっています。

 

すまい給付金の拡充

 

すまい給付金は、

新築や中古の住宅の取得を対象として、

最大50万円の給付金がもらえる制度です。

先程の「住宅ローン減税」は所得税を軽減するため

収入が少なくもともと所得税をあまり支払っていない人には

効果が薄い制度でしたが、収入の低い人の負担を和らげるために、

収入が一定以下の人に対して「すまい給付金」を支給しています。

 

年収に応じて給付額が変動し

これまでは年収510万円以下の人が対象でしたが

消費税増税後は「年収775万円以下の人」と

対象者が拡大化されました。

条件を満たしているかどうかは、

すまい給付金シミュレーションで確かめてみてください。

 

贈与税に最大3,000万円の非課税枠

 

夢のマイホーム資金を親に援助してもらうのはみなさん多いですね。

贈与税とは、個人から財産をもらうと課せられますが、

税率が高い税金の一つですね。

贈与税の非課税枠は年間110万円までと決まってますが

マイホーム取得の資金については大幅に非課税枠が増えるんです。

また消費税に伴い非課税枠はさらに増え、以下のようになりました。

 

■贈与税の非課税枠(新築)

契約日

省エネ等住宅

左記以外の住宅

2016年1月~2019年3月

1,200万円

700万円

2019年4月~2020年3月

3,000万円

2,500円

2020年4月~2021年3月

1,500万円

1,000万円

2021年4月~2021年12月

1,200万円

700万円

 

 

 

特に2020年3月までは非課税枠が大きくなっています。

親からの資金援助が見込めるのなら、

今のタイミングで家を建てる大きな節税対策になるかもしれません。

贈与を受けて頭金を増やすことで、

月々のローン返済負担もかなり抑えられまよね。

 

 

・年間最大50万円の住宅ローン控除が10年→13年に拡充

・年収775万円以下なら最大50万円のすまい給付金の対象

・2020年3月までなら贈与税の非課税枠が最大3,000万円

 

住宅の消費税は建物にはかかりますが土地にはかかりません。

つまり「土地1,000万円+建物2,000万円」の場合、

消費税は「8%で160万円→10%で200万円」と

増税前後で40万円増える計算になります。

 

40万円はまあまあ高いお金ですが、

「住宅ローン控除最大50万円」

「すまい給付金最大50万円」を使えるとしたら・・・

どうでしょうか?

住宅ローンの借入金額や収入にもよりますが、

意外と増税後の方がお得に家を建てれるケースも

多いのではないでしょうか!!

 

時期によって、使える制度はどんどん変わっていきます。

住宅購入のタイミングに迷っている方は、

ぜひ一度お気軽にご相談ください。

 

 

魂の建築ザムライ

JUST+

Tel.0897-47-2233
営業時間 AM 9:00 ~ PM 5:00

イベント情報

モデルハウス

Copyright JUST+. All Rights Reserved.