西条・新居浜の新築一戸建、ちょうどいい家と暮らしのジャストプラス

HOME > スタッフブログ > 松本会長 > 外観の美しさを追求する

外観の美しさを追求する

2020-12-21

今週は、寒波の影響で石鎚山も雪が降り

かなり冷え込みが厳しくなりました。

来週はクリスマスですね。

『今年はサンタさんくるかなぁ~?』なんてドキドキがとまらない

永遠の6歳児 Just+(ジャストプラス) 39建築士 松本です。

 

さてみなさんもうご存知の通りJust+(ジャストプラス)は

創業50年の外壁のプロフェッショナル松本スレート興業の新築事業部です。

 

だからこそ「住宅の顔」と言われる外観の美しさには

かなりこだわりを持ってます。

 

お客様からよく言われるのが

「ジャストさんのモデルハウスは白の外壁が多いですね。」

という質問です。

そこにはいくつかのこだわりが存在します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰もがあこがれる真っ白の建物は、美しく上品にも見えます。

ただ多くのみなさんが「真っ白の外観は、美しい」と

わかっていても決めれない理由の一番が

「汚れが目立ちやすい」というデメリットですよね。

 

 

 

ではなぜJust+(ジャストプラス)は、

真っ白の外壁を使っているのでしょうか

 

 

 

家の外観を汚す原因のひとつに雨だれがあります。

それは窓の上に道路や土のホコリがたまりそれが雨で流れて

シミになり黒く外壁を汚していきます。

 

Just+(ジャストプラス)は、

家の顔でもある外壁の正面のファザードには

なるべく窓を取りません。

しかしお客様の要望などの間取りによっては、

正面のファザードにも窓を取る場合があります。

 

「じゃぁやっぱり汚れるやん」と思いますよね。

そうなんです。汚れるんです。(笑)

 

 

それでもなぜ真っ白の外観を選ぶのかは、

創業50年の外壁のプロフェッショナルが選んだ

汚れにくい素材の外壁材を使うコト」です。

そしてもうひとつ

「汚れてもメンテナンスしやすい外壁材を選ぶコト」です。

 

 

そうすることで多くのみなさんがあこがれてる

真っ白で美しい建物になりいつまでも美しく暮らせるメリットもありますよね。

 

 

「ん???」と悩んでも何も解決しません。

とにかく一度モデルハウスに足を運ぶか?

今の悩みや不安をJust+(ジャストプラス)にご相談ください。

>>>>こちらから

(あなたの家づくりへの考え方が変わるかもしれません。)

 

松本会長

松本会長

お家を建てた全てのご家族が、毎日を楽しく笑顔で心地よく過ごしてもらえることを大切にし、オーナー様の夢と幸せをデザイン、そして感動が詰まった空間をカタチにします。
頭は低く目は高く、口慎んで心広く、孝を原点として他を益す「ありがとう」の気持ちと初心を忘れずに常に進化しつづけます。

このライターの最新記事

Copyright ©JUST+. All Rights Reserved.