西条・新居浜の新築一戸建、ちょうどいい家と暮らしのジャストプラス

HOME > ジャストプラスの性能について

ジャストプラスの性能について

Performance
お家の性能

中四国でトップクラスの住宅性能を⼿の届く価格で

耐震等級3

許容応⼒度計算
構造計算・壁量計算

断熱性能Ua値0.56以下

機能の簡単な概要を説明する⽂章。

気密性能C値0.5以下

機能の簡単な概要を説明する⽂章。

耐震等級3

許容応⼒度計算に基づき、耐震等級3を実現。安全で安⼼な住まい を提供します。地震に強い家を建てるには、単に構造体が強いだけではなく、バランスがとれ、ねじれの少ない構造体が必要となります。⾼度な設計⼒で地震から家族を守る家をおつくりします。

断熱性能

G1・G2グレードとは⼈間が健康で快適に豊かな⽣活をおくる為にHEAT20が提唱する断熱⽔準と室内温度環境です。ZEH基準のUA値0.6W/(㎡・K)を超える基準で、ジャストプラスのお家はこのG1グレード以上の断熱性能を標準としています。
※6地域(愛媛県⻄条市・広島県福⼭市)部屋間の温度差も必然的に少なくなり ますので、ヒートショック等の健康⾯でも効果的です。さらに、暖房負荷削減となり経済的です。※UA値:外⽪平均熱貫流率 W/(㎡・K)
この数値が低いほど断熱性能が⾼い。

気密性能

⾼気密で快適な空気を外に逃がさない

⾼断熱とセットで⼤切なのが⾼い気密性です。お家の気密性とは「どれだけ隙間のない家か?」ということです。たとえば、扉がほんの少し空いた冷凍庫をイメージしてみてください・・
そこにかき氷が⼊っていたら⼀体どうなるでしょうか?溶けてしまいますよね…実際に経験した⽅もいると思います。

気密性がしっかり取れていないと、これと同じ現象が実際に住む家にも起きてしまいます。

では、その気密性能をどう測るのか?え、ほんと?と思われると思うかもしれませんが。残念ながら、⾃社で建てた家の気密性能を把握している住宅会社はまだ多くないのが実情なんです。
ジャストプラスではすべての家で気密測定を実施し、数値をお客様に公開しております。

C値とは?

住宅における相当隙間⾯積のことで、建物の気密性能の指標として⽤いられています。相当隙間⾯積:C値=家全体のすき間の合計(㎠)÷建物の延べ床⾯積(㎡)例えば、延床⾯積30坪(約100㎡)の家の隙間⾯積が100㎠あったとすると、その家のC値=1.0となります。数値が⼩さいほど優れた気密性をもつ建物といえます。

その他

第三者機関検査にて外装下地防⽔検査を全棟実施

Copyright ©JUST+. All Rights Reserved.